得意とする施術 5 内臓編 肺 No.2


さて 今回は肺の施術 No .2 です

 

では肺ガンについてです。

 

ガンについては、特に慎重に述べなくてはなりません。命に関わる病気であり、簡単に改善するケースではないからです。

 

ガンについては以前にも述べましたが、治る治らないとかはその方の寿命に関わります。

そういった意味で、他の病気も同じですが、特にガンについては、改善は出来るとは言えますが、当然ながら完全回復が出来るとは言えません。

 

早期発見であっても、手遅れと言われるケースでもあっても、治る人は治る、治らない人は治らない、医師が告げる余命も不確かなものであります。

 

さて 肺がんには種類があり、全て喫煙が原因ではなく、喫煙が原因なのは扁平上皮ガンや小細胞癌であり、肺ガンの5割以上が腺ガンであって喫煙とは直接関係のないガンであります。

 

たばこを「悪」にしておけば、他の原因がボケるので都合がいいのではないかとも思ったりしています。

 

「たばこの煙が煙が」といっている方が多いのですが、交通量の多い所で車の排気ガスを吸い続けた方がはるかに危険であることはおわかりだと思います。

大気汚染も肺ガンのみならず、多くのガン、健康被害に影響があることは私が述べるほどのことではありません。

 

ちなみに私は喫煙者ではありません。喫煙を推進しているわけでもありません。喫煙は肺へのダメージが大きいのと、今回のコロナウイルスにおいても悪化しやすい傾向にあることは理解しております。

いずれにせよ、どこかの専門家、権威といわれる方が言われたからといってその情報を鵜呑みにせず、疑問に思ったら正確な情報を得るように心掛けております。

 

さて話しがいつもながらそれてしまいましたが

肺ガンにおいて得意だ!! という訳ではありませんが、これまで関わってきた方は改善方向に向かいました。

私のような者に依頼が来るケースは、ほぼ末期か末期に近い方がほとんどです。

よって完全回復が非常に難しい方です。

 

症状としては、痛くて眠れない方 呼吸状態が悪く酸素を全開で流している方、食事が食べられなくなって衰弱されて方など、正直訪問した瞬間 後戻りしたくなる様なケースです。

 

肺ガンはわかりやすく表現したら肺がミルフィーユ状態になっています。ガンが幾層にも重なったように感じられます。

または ものすごく硬い、たくさんの蜘蛛の巣が隙間なく張り巡っている感じとも言えます。

 

痛みの原因なるガンの塊があったり、咳の原因となる塊があったり、呼吸機能が低下している原因となる広範囲の塊があることがわかります。

それらの部位を消すようにまずエネルギーを加えていきます。

 

そこからは、どのガンについても、重症な病気も同じですが、病巣の魂と私の魂との戦いです。

 

そのようにしていくと、痛みや咳、呼吸困難などの症状が少しずつ改善し、レントゲン画像などでも改善していくのがわかります。

 

先ほども述べましたように、非常に完全回復が難しい方々だったので、苦痛は軽減され、余命といわれるものは最大限に伸びたように思いますが、それ以上は難しかったです。

肺ガンの早期、早期に近い状態ならどうなのかはわかりませんが 依頼があれば どのようなケースにおいても全力で対応いたします。

 

他にも、肺気腫なども施術しております。このケースも施術には時間を要するのですが、依頼があれば対応いたします。

 

次は消化器についてにします。 ではまた


コメントをどうぞ

CAPTCHA