腰痛編


今回は腰痛編です。

この内容は私のこれまでの施術の経験をもとに理解し、実践していることであり、またこの内容をご覧になりご気分を害された方がいらっしゃいましたらお許しください。
あくまでも、腰痛でお困りの方への内容ですのでご理解ください。


では、少しばかり書かせていただきます。

先日テレビ番組で整形外科の医師が、「腰痛の85%の原因がわからない」と言われていました。
インターネットの記事においても、非特異的腰痛といって原因のわからない腰痛が、全体の85%あると整形外科医が書かれていました。
原因とは何を指して原因というのかは別として、画像診断、血液検査などの生化学検査において異常がなく腰痛の発生している原因が特定できないということだそうです。

腰痛の痛みを起こす要因には、侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛、心因性疼痛というものがあるとのことで、侵害受容器疼痛とは、腰痛でいうなら筋肉や筋膜、靭帯、内臓などの異常から発生する痛みのことで、神経障害性とは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症からの神経を圧迫したもの、そしてその他のケースが心因性疼痛となり非器質的な腰痛、つまりストレスなどの心理的要素が原因となるものに分類されるようです。
もちろん腰痛がこの3種類に完全に分けられるものではないとは思います。

ただ85%もわからない腰痛に対して
・どのように分析、診断するのか?
・わからない腰痛にどのように治療をするのか?
・心因性の場合、その原因を追求、触らずして精神安定剤を使うのはいかがなものなのか?
などなど疑問が浮かんできますが、今回はその追求は止めておきます。

さて 私のところにも腰痛の依頼は沢山あり、今までも多くの方の腰痛の方を施術してきました。
その中で、腰痛を発生している原因が特定できないということはここ最近ほとんどありません。
以前のいわゆる整体やカイロプラクティック施術をしているときや今の施術に変更した当初などは原因がはっきり特定できないことは多くありました。

今ではその時期に私の施術を受けられた方には申し訳なく思いますし、今なら何とかなるだろうと思う事はよくあります。

腰痛に限らず、「今なら・・・」と思うことはよくあります。

心因性についてですが、腰痛だけでなく体の痛みは心に影響を与えます。またその心の影響もまた身体に跳ね返って、食欲減退、体力減退へと負のスパイラルに入り込むといったケースは多々あります。
様々な治療を受けたにもかかわらず良くならない、手術をしたのに症状が良くならないといったケースにおいては、精神的落ち込みが強く、うつ症状になられた方も多くみます。その様な方でも腰痛の原因を突き止め施術すると症状は改善していきます。

今までの腰痛の方々の施術の経験から、症状が改善しないことにより精神面へ影響を与えている方は多くみましたが、心因的なことが要因で腰痛を起こしている方は、たまたまなのかもしれませんが私は出会ったことはありません。
治りにくい腰痛に対しては、この依頼者の心の持ち方が悪いのではないかと考え込むことはありますが、よくよく施術していくと、やはり見落としているところがあり、依頼者の責任にしようとしたことに反省することはあります。

よって私のような大したライセンスを持たない者が言うとのはおかしいとは思いますが、原因がわからない腰痛は全くないとは言えませんが85%もあるとは考えられません。心因性疼痛というのもあるのかもしれませんが、ごくごくわずかではないかと思います。
ただ今の整形外科の外来診察や電気治療など順番に患者さんを流していくような治療施設では、患者さんと接する時間が限られていますから原因を追求する時間もないようなので無理もないようにも思います。

では私なりにその腰痛について説明をいたします。

まず筋肉の疲労性のものです これは安静、休息やマッサージ ストレッチなどで回復します。
しかしもっと進んだ腰痛、筋肉から靭帯、関節、軟骨、骨まで進んで行くと少々のことでは回復は望めません。
朝起きたときに休んだはずの腰が痛むのであれば少し進んだ腰痛だと考えてください。
腰痛の症状が進めば、腰痛原因部位は深部へと進み、また範囲も広くなります。
内臓の病気からの腰痛でない限り、腰痛を起こす部分は限られてはいますが、慢性化した腰痛は、腰椎の前辺りまで(椎体の前部)故障していることがあります。進んだ症状は、骨盤にも歪みを発生させ腰痛だけでなく足への症状を起こします。もちろん骨盤のトラブルから腰椎の位置がおかしくもなります。

腰椎、骨盤の歪みは、外傷は除いて筋肉や靭帯、関節などのトラブルから歪むのであって、骨が勝手に動いて歪むことはありませんから骨や関節だけを動かしても回復へと導くことは当然難しいことになります。また歪みが少なくても強い腰痛もあります。
慢性化した、重度な腰痛に対して筋肉、靭帯、関節などを改善させない限り骨盤や腰椎をボキボキしても、電気治療しても、マッサージをしても、注射をしても一時的な症状の緩和のみで、回復へと進むことは難しいかもしれません。

腰椎周辺や骨盤周辺で起こるトラブル、痛み、だるさ、しびれ等でお困り、お悩みの方は、ご相談ください。


痛の原因部位が特定できないと確実な効果を上げることはできません。長い間通院して効果のない場合は、原因が特定できていないのかもしれませんので、一度お考えください。




コメントをどうぞ

CAPTCHA