腰痛について その3


久しぶりの更新です 腰痛について3の掲載にかなり間が開いてしまいました。

それで 今回は私の腰痛施術の視点 方法について書きます

腰痛の発生しやすい部位は前回説明いたしました通りですが、その部位に腰痛があると盛り上がってきます。そして腰も歪んできます 歪む原因は前にお話しした通り日常動作の習慣が大きく関わりますから、いきなり強い腰痛に襲われたとしてそこまで進むまでにはある程度期間があってのことです。 もちろん本当に急な腰痛もあり、それは腰の捻挫や打撲、霊的トラブルなんて事もまれにあります。

 

では施術方法ですが 最初に痛みのある部分をみて歪みがないかをみます。

次に手を患部あたりに当てて骨格の歪みを確認します。

そして腰の冷えや熱感、内部の筋肉の緊張具合や腰椎付近や骨盤の関節周辺の硬さ、痛みなどを感じ取ります。

また腰が本当に原因なのか、内臓からのものではないかを診ていきます。

それから施術として腰周辺の悪い気をまず取り除いていきます。

霊的トラブルならそれの対処をして、様々な気の力を使って患部を癒やしていきます。

ほとんどの場合、一番鋭い痛みを出しているところが腰痛の根源部分です。

その根源部分から更に腰に影響を与えている部分も含めて癒やしていきます。そのようにしていくと痛みがやわらぎ腰の歪み、関節、靭帯、筋肉の硬くなっている部分も改善していきます。

持続する腰痛は深部まで進んでいますから、筋肉をもんだり、電気を当てたり、関節を動かす程度では改善するまで長く掛かったり、あるいは改善しないのが現実です。

私のところでは腰痛が消失する期間は様々で、1回で良くなる場合もあれば2、3ヵ月ぐらい掛かる場合もあります。

通院の間隔はギックリ腰のような急性の強い痛みを除いて一週間に1回程度です。

 

私の施術は根源部分に働きかけることができますから効果は的確で、良くなれば簡単には元の腰痛には戻りません。

腰痛がスッキリしない方や治らずお困りの方がありましたら、ぜひ一度ご相談ください。必ずお力になれると思います。


コメントをどうぞ

CAPTCHA