呼吸法2(自己治療編)


呼吸法2です。長らくお待たせいたしましてすみませんでした。


さて 前回説明いたしました丹田への呼吸法はできましたか?

簡単にできる方と、そうでない方がおられるかと思いますが・・・


実は、丹田への呼吸法ができるようになれば、それでほぼ成功です。

あとは、体のあちらこちらに向かって、あるいはあちらこちらの部位から

息を吐くことをすればいいだけです。

特に痛いところや違和感のあるところに、ところで吐いてください。

前者の方が簡単かと思います。


できるだけ勢いよく吐く事がいいです。

ただ吐いた部位に圧力が加わるので、圧が加わってはいけない所は避けてください。

例えば眼球内とか腫れがひどい所などへは避けてください。

虫歯の痛みには一時的にしか効果がありません。

また痛みが増す場合や気分が悪くなった場合はすぐに止めてください。


気功法の小周転などと比べれば簡単で分かりやすく

上手にできるようになれば、結構効果的に自己治療ができますから

やってみる価値はあります。


では呼吸法3もまたしばらくしたらまたアップいたしますね。



コメントをどうぞ

CAPTCHA